2009-01-07 [ みんなのグループ@彼岸島のカレンダー ]

<前の日 | 今日 | 次の日>

2009-01-07

chu!lips無料イベント@秋葉原石丸電気ソフト2

石川の交換日記

《しかし、日記的なもの、と申し上げて差し支えなければ、日記的なもの、その感動は日記でしか味わえず、周囲との隔絶を覚えるとすれば、その日記的なものに感動を覚える私を発見したとき、それ以後の我々がそうなるかと思われます。》

・わたりろうかの復活日記からもっとも美しい部分を引用したのは、今回(1月7日)の石川さんの日記がまさしくこの《日記的なもの》の完璧な回答であったと思うからです。本当に素晴らしい。ある地点を越えてしまった作品には批評の余地が残されていない。

・何度も読むことが最低条件。

・《あなた》に向けて書かれている日記なのだから、《あなた》は石川さんの足跡にある程度能動的にならないと、文章が流れていくだけになる。

・理を超えた、あるいは理では測れないような文章を書いていながら、理性と秩序も同時に感じた。同じスタンド攻撃は石川淳の一部の作品とツポールヌからしか受けたことがない。共通点は、引き返さないこと、おそらく推敲していないこと。

・すっと立ち上がって、すっと消えていく。読むたびに立ち現れる情景が変化する。多分、読んだ人全員の印象が少しずつ違うんじゃないかな。完璧な理解がなされない文章。

* はてなダイアリーキーワード:2009-01-07