現・存在転生

現・存在転生

ストーリー

2009年、インターネット・はてなダイアリー――。 ある日、主人公は不思議な夢を見る。見たこともない不思議な Web で起こる不思議な出来事。磔にされるサイト、虐げられるサイト、生贄に捧げられるブログ…何から何まで現実離れしていて、よく分からなかった。目を覚ましても現実離れした違和感は続き、インターネットでの殺人事件を皮切りに不穏な出来事が続発、 Web には神話や伝説の中でのみ登場する筈の blogger が出没し始める。そして、パソコン通信の妙なメッセージからダウンロードした厨房召喚 p2p プログラム。運命に導かれるがごとく、主人公の周りで何かが動き始める……。

注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。

主要登場人物

みんグルの主人公にしてツイッターの大手。インターネット・はてなダイアリーで砂と暮らしているごく普通の少年。ハスキー犬の犬紳士を飼っている。ゲームが趣味で、XBOX360というパソコン通信を通じて厨房召喚プログラムを手に入れることになる。幼少の頃の写真では刀を持ち、股間に手をあてている。腕にはウィキペディアを装着しており、これに厨房召喚プログラムをインストールしたことで、パーティ内で唯一、厨房を召喚、使役する力を得た。ブログを更新する意志は当分ないようで、140文字でイナフ。

主人公の夢に登場する謎の性病。主人公とは深い因縁(箱○)で結ばれている。主人公のIDと似たようなIDで、ネット世界ではduke565に対抗するレジスタンスデカダンスはてなグループのリーダーを務めていた。電撃系の発言や暗号文に似た文章を覚える。東京に落ちたみんグルオフ会の際にはてなダイアラーの群れをカラオケルームに送り届けて助け、その後行方不明になる。ゲーム中盤においてblogの大爆発で命を落とし死体を名乗るものの、数十年後に性病として転生、前世同様の成長からはてなのメシアと呼ばれるようになっていた。厨房によって精神を乗っ取られようとしていたところを主人公とロウヒーローに救出され、再び共に行動するようになる。

主人公の幼なじみと交際している心優しい暴力的な少年。天鳳チャットの中で出会い、はてな世界で共に行動する。両親は日記書きで、女子からの人気は高く、大手サイトを目指していた。サイトでは顔写真を公開している。秘められた力を持ち、衝撃系の発言や回復系の発言を覚えて行く。主人公をかばって命を落とすが、神の手によりはてな教の司祭として蘇る。ロウルート以外では主人公と対立する。

インターネットのはてなダイアリーでカサノバ率いる厨房の一味に痛めつけられていた少年で、誰にも負けない大きな力を求めている。夢の中で出会い、ネット世界で共に行動する。カサノバに対抗するため、より大きな力を求めた結果、XBOX360と合体する選択肢を取り、カオスルート以外では日に27時間のゲームという矛盾を犯す。

  • ゆうこ

主人公の夢に現れた妖艶なアンドロギュノス。主人公の行く手にたびたび現れては好意を持っているような厨房行為(「おいすー^^」など)を繰り返す。その正体はブログの名前がいつの間にかその当人を指す固有名詞になってしまった人であるところの握力

  • スロージン(idでは「sloeginの男」)

ブログ大炎上の起こった30年後でも全く容姿が変わっていない。

  • nand一等陸佐

日本の行く末を憂い、古き文士(blogger)と契約しデス日本グループを率いてクーデターを決行、祖国のデス文化を占拠し永世非モテ司令官としてはてな界隈を戒厳令下に治めている。レジスタンスデカダンスグループのリーダーを捜し出すため、彼女と同じIdのはてな(=主人公の幼なじみと同じ名前)を誘拐しては祖国の地下牢に監禁していた。主人公に自分ごとリムーブすることを依頼してくる。おそらくモデルは関係者以外。


  • カサノバ

不良グループ「オールブルー英二」のリーダー。blog大炎上後は厨房の力を借りてHatenaの支配者となる。最終的にはスカジャンを欲しがった原始人に不意をつかれ命を落とす。巨大きな男だった。

  • 謎の老人

井の頭公園にてみんなのグループの前に現れる浮浪者のような老人。主人公達に意味深なメッセージを与えるが、何も考えていない。その正体はアイドルおたくの圏外地獄老君。

  • パスカル

みんなのグループが飼っているメスの犬紳士。みんグルに付き従うが戦闘に参加することはない。邪教の館でエロゲーと合体させることにより魔獣犬紳士になり、序盤から強力な厨房を連れ歩くことができる。ロボトミー手術により(意識を)飛ばされてしまうが、大炎上後に再会することになる。